75歳の高齢痴女母とアナルSEX

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

親戚のお通夜があり帰省しました

75歳の高齢母が、

「今日は、泊まっていったら」

と言ってくれたので久しぶりに
一緒に風呂に入ることにしました。

高齢になった母の体を
手に液体石鹸を付け洗ってあげました。

他人では、初老の身体だから、魅力がないと
思うでしょうが

変態息子な私のペニスは、勃起していました。

「昔、みたいにする。」
と言ったので「いいよ」と言って、
寝床に直行しました。

母は、入れ歯をはずしていました。

母も老いたと感じました。

部屋は暖房してあり、敷き布団だけ引き、

二人裸になりました。胸の盛りは、
無くただ、乳首が小指ほどありました

私は乳首を愛撫し、
抱き合いました。久しぶりの母との近親相姦SEXです。

古希を迎えた高齢母のフェラチォは、
歯が無いこともあり、快感でした。

私は、ついペニスを手でこすってしまい、
口の中に射精してしまいました

エロい高齢痴女母は、
ザーメンをすべて飲んでくれました

昔は、ペニスを入れるとすぐ反応して悶えていた母でした。

母は、

「オナニーしていて愛液クリームを
使用しているのでペニスを入れる前に使って欲しい」

といいました

私は、母の性器を口で愛撫しました。

すると、愛液が出てきました

でも、粘液性が弱かったので
愛液クリームを使用しました。

私は、母の股を開きペニス挿入しました。

ゆっくりいれ、しばらくすると「いい」と声か゜
してきました。3回ほど中出ししておわりました。

母のアナルが黒く、肛門がひくひくしていたので、
おまんこをペニスで擦りながら
アナルをペニスでついてやると高齢者の痴女母は、

「入るかな、以前、父としたけれど、
痛かったからしていない」とのことでした。

私がしたいと言うと許してくれました。

クリームを互いの性器に付け挿入すると、
以外に入って行きました。母にうつむけに寝てもらい

バックでいれました。

昔からスケベでエロい70代の母は、
なんとアナルでも感じていました。

深くは入りませんが出し入れしていると母は悶えていました。
アナルは、妻にも、愛娘にもしていません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す